ブログ

日本のフォントメーカー、NIS Fontの公式ブログです。 NIS Fontは、DTP用フォントや高品位フォントを開発し、Windows、Macintosh向けの書体販売やメーカーへのOEM提供など、幅広い業態で使用されています。

【フォント活用術】フォント例いろいろ +DESIGNING Vol.42掲載広告 その2

今回は、前回に引き続き+DESIGNING Vol.42に掲載した広告の制作物を紹介します。

↓前回の記事はこちらから
【フォント活用術】フォント例いろいろ +DESIGNING Vol.42掲載広告 その1

今回はウインクスL7+JTCウインS7S明朝ソフトW7JTCウインR10の作例について紹介します!

【S明朝ソフトW7】

 

こちらは旅行会社のパンフレットのような、旅行雑誌の記事の一部のようなイメージで作成しました。
※使用フォントの記載を右下に入れているせいで、オーシャンビューうんぬんのキャプションの位置が悪いですが…。

S明朝ソフトシリーズは、「かな」と漢字のバランスや、角を丸くするなど、読み疲れしないようデザインしているため、「読ませる文章」に最適です!

また、文字の太さ、W7はそこそこの太さがあり、見出しにも本文にも使える汎用性があります。

【ウインクスL7+JTCウインS7】

 

こちらはワイドショーなどのテレビ番組のテロップをイメージして作成しました。
※写真の人物はぱくたそさんののMax_Ezaki氏です。

「ウインクスL7+JTCウインS7」は、実際にニュースやバラエティなど、テレビ番組で多くの使用実績があるフォントです!

作例の文章は「さるかに合戦」なので特に何の意味も無いのですが、まぁ、テキストの入れ方(とフォントのおかげ)でニュースっぽく見えてると思います^^;

【JTCウインR10】

 

これは百貨店やアパレル(子供用品)のイメージ広告やポスターを意識して作りました。

右上の「NAGATAKE」も、MIKIHOUSEのロゴみたいなイメージです(デザインぜんぜん違いますが)。

JTCウインRシリーズは、NISFontの一般的な丸ゴシックですが、柔らかで優しいイメージを持たせるのに最適です!

ウエイトは10で、一番太いものを使用していますが、このくらいの太さなら、ロゴやタイトルなどにオススメ!

今回のデザインは、色合いもペールトーンにし、書体の丸みと合わせて、もこもこ、ふわふわしたイメージにしています。

と、いうような感じで、先週に引き続き、NISFontを使用したデザイン例を6種、紹介してみました。
いかがだったでしょうか?

NISFontの広告が掲載されている「+DESIGNING Vol.42」は、書店などに結構長い期間置いているようなので、書店さんへお立ち寄りの際は是非、手に取ってみてください!

「+DESIGNING Vol.42」の特集は、「実践文字組講座」となっておりますので、デザインでフォントを扱う方に非常にオススメの内容です!

◆◆NISFontのLINEスタンプも販売中!◆◆

NISFontのLINEスタンプも引き続き販売中です!
宜しくお願い致します。

◇NISFontのLINEスタンプ第1弾「サムシング・サム」
【購入ページURL】http://line.me/S/sticker/1152940

 

◇NISFontのLINEスタンプ第2弾「社会人の惰性」
【購入ページURL】http://line.me/S/sticker/1155207

 

宜しくお願い致しますm(_ _)m

Copyright (C) 2017 NISFont. All Rights Reserved.